看護部トップ認定看護師糖尿病看護認定看護師

糖尿病看護認定看護師

糖尿病看護認定看護師

糖尿病看護認定看護師

糖尿病認定看護師:金子 貴美江の写真

現在、世界の成人人口の約5%から6%が糖尿病であり、2025年には糖尿病患者は3億8,000万人に増加すると予測されている中で、日本では予備軍と合わせて2,210万人と増加しているのが現状です。糖尿病は慢性疾患であるため、生涯にわたり患者が経験するその時々の身体的状況やそれにともなう心理状態、変化する発達段階・発達課題に応じてアセスメントを行い、その時々の患者や家族に応じた適切な支援を行うのが糖尿病認定看護師の役割です。糖尿病看護は2000年に認定看護師分野に特定され、現在300名以上の認定看護師が活躍しています。

※写真:糖尿病認定看護師:金子 貴美江さん

内科外来に所属し、糖尿病患者さんやそのご家族に対して、療養生活や治療に関する相談やフットケア等を行っています。患者さん一人一人がその人らしい療養生活を送ることができるよう、患者さんやご家族と一緒に考えていきたいと思っています。気軽に声をかけていただけると嬉しいです。日々自己研鑚し活動していきますので、よろしくお願いいたします。



※写真:糖尿病看護認定看護師:大川雅代さん

糖尿病看護認定看護師の役割の3本柱

血糖パターンマネジメント技術

血糖値はインスリン注射や食事・運動といった一つの事象によって決まるわけではなく、心理状態、性周期、季節、地域特性、職種など、人が生活を営むうえでの全ての要素が影響します。
血糖パターンマネジメント技術は、対象をアセスメントして全人的に理解し、血糖管理に向けての支援を患者とともに行う能力が求められます。

フットケア技術

糖尿病看護におけるフットケアは、単に足をケアするということではなく、糖尿病とともに生活している人が大事な自分の足を自分自身でケアできるよう支援することであり、「糖尿病足病変予防のための自己管理への指導技術」が求められます。

糖尿病ケアシステム立案技術

施設や地域において必要な糖尿病一次・二次・三次予防を目指した糖尿病ケアシステムを構築する技術が求められます。
とくに地域における糖尿病一次予防活動では、あらゆる背景を有する国民すべてを対象者ととらえ、糖尿病発症予防に向けての支援を行う能力が求められます。

当院の糖尿病看護認定看護師は、主に外来通院中の糖尿病患者さんの療養支援や糖尿病専門医の指導の下、インスリン注射の調整などを行っております。また、入院中の糖尿病患者さんについても退院指導や在宅支援をおこない療養生活が順調に過ごせるよう援助しております。
院内・院外でのスタッフ教育を行い、糖尿病患者さんに対し安心、安全な看護が提供できるよう努力しております。
最近は、近隣施設に通院中の患者さんの合併症検査や糖尿病教育を当院で担えるよう地域連携を強化しシステムを構築しています。

関連サイト

フットケアの様子

フットケア
フットケアの様子の写真

患者さんに「足を見せて下さい」と、唐突に言っても「なに?」と怪訝そうな顔をされてしまいます。糖尿病と足の関係をしっかり伝え、患者さんに足病変を予防して頂くことを心掛けています。巻き爪や胼胝が原因で運動療法が行えない患者さんも少なくありません。適切なケアにより痛みが軽減し、運動を再開できることもあるため「足の観察」や「爪切り」等の指導はフットケアに欠かせません。

インスリン注射お助けアイデアグッズ紹介

グッズ
便利グッズの写真

高齢者のインスリン指導では、握力の低下などからペンを握ることが困難なケースに出会うことが多いです。適したインスリンデバイスを選択することが望まれますが、なかなかうまくいかないケースには、介護用品などを利用し、グリップを太くするだけでスムーズに注射できる場合があります。

0000
認定看護師