看護部トップ認定看護師皮膚・排泄ケア認定看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師

皮膚排泄ケア認定看護師:久保田 雅美の写真

皮膚排泄ケア認定看護師として、平成23年度に資格を取得し現在、スキンケアを基本とし「褥瘡・瘻孔ケア」と「ストーマケア」に関して、患者様の生活の質の向上に努めています。
院内では、褥瘡委員会の一員として、スタッフと共に褥瘡保有者のアセスメント・ケアの検討を行い、褥瘡0を目指し活動を行っています。
また、当院は地域連携に力を入れており、他院や在宅からの褥瘡管理困難な患者様の受け入れを行い地域の褥瘡治療も積極的に行っております。
平成24年度より週に一度形成外科の医師を迎え褥瘡の手術療法(皮弁・植皮等)も行っています。それに伴い、褥瘡勉強会を開催し看護ケアの向上に努めております。
ストーマケアについては、ストーマサイトマーキングの実施・装具選択など、支障なく退院生活が送れるように患者様や御家族、スタッフと一緒に考えケアに当たっています。
私自身、専従看護師としてではなく、病棟スタッフと認定看護師として2足の草鞋を履いて業務を行っている現状から、看護師の負担の軽減の必要性も痛感しています。そこで、高機能体圧分散式マットレスの導入やおむつの見直しなど現場の意見から看護業務の見直しにも取り組んでいます。
認定看護師となり、一層チームで治療・看護を行う必要性や、その中心に患者様がいる事を意識し、日々楽しく看護を行う大切さを学んでいます。

※写真=皮膚排泄ケア認定看護師:久保田 雅美

活動の様子
研修会の様子の写真
研修会の様子


0400
認定看護師