看護部トップ人材育成キャリア開発ラダー

キャリア開発ラダー

キャリア開発ラダー

キャリア開発ラダーの目的

  1. 組織(赤十字)の理念に基づいた、質の高い医療・看護が提供でき、また赤十字事業の推進者となる人材の育成を図る
  2. 新人の時期から生涯にわたり、継続的に自己研鑽を積むことができる研修支援体制も含めたしくみの導入により、看護師の能力開発の動機付けを促進し職務満足を向上する。
    ※経験年数を基準として一律な教育研修ではなく、個々の能力を認め、その能力に応じて教育支援するシステム
    ※早期に自分で判断し、確実な知識技術で実践・評価できる看護師の育成
  3. キャリア開発の一環として各赤十字医療施設間の人事交流を促進することにより、赤十字の看護師の質の向上を図る
赤十字施設の看護職のキャリア開発の構想
看護職のキャリア開発の構想のイメージ図
看護職のキャリア開発の構想のイメージ図

教育委員会卒後教育担当看護師長

看護部教育委員会は、看護師がいきいきと看護実践できることが、地域の方々への安心と満足につながると考え、看護師の能力開発を支援する活動をしています。具体的には、看護実践能力のためのキャリア開発ラダーの研修の実施や、赤十字病院として、災害発生時には救護活動をする役割があるため、災害時に対応できる看護師の育成の支援などを行っています。

担当看護師長:増田 康予

300
人材育成